勉強

【定滑車と動滑車】

中学だったでしょうか?

「滑車」について習いました。

定滑車は、所謂井戸の鶴瓶ですね。

揚げやすく、資材が傷みにくく、荷振れも少ない。作業効率が良い。

動滑車は、正にクレーン。

巻き上げるワイヤーを収納式にすれば、機械が揚げるので疲れず、1/2の負担で済む。

「定滑車は変化なく、動滑車は負担が軽くなる分引く距離2倍」

当時の私は

「負担減っても引く距離2倍じゃ旨味ないじゃん。何がいいのコレ?」

っと話半分に聞いてました(⌒-⌒; )

ただコレの実社会での用途を知ると、結構重要だったんです!

定滑車と動滑車を組み合わせた「組み合わせ滑車」が有ります。その組み合わせ滑車を用いた物にクレーン車が有り、「多滑車」は正に最たる例!イメージ「デッカイ毛抜き」です。土に埋まって取れなくなった物を先端だけ摘んで引き抜きます!パワーの割に場所を取らないのは、組み合わせ滑車のお陰です。

「引く距離増えたら疲労感変わんないじゃん。」っと昔の私は考えましたが、クレーンでは疲労感も関係なく、ロープは収納されていくので幅も取りません。上の写真も様な絵、教科書や問題集に有りません?当時私は、「いやいや。この奇抜な滑車はナニ?直ぐ定滑車にぶつかっちゃうじゃん!」と、意味が分かりませんでした。

実際、クレーンではコレをバームクーヘンの様に隣り合わせにくっつけてまとめ、先端にフックを付けます。だから、実際には巻き上げる様な長さ迄距離が有るんです!

「持ち上げられる重さが極端に増える!」

コレが「組み合わせ滑車」の特徴なんです。この機能は、クレーン車やエレベーターでも広く使われています。

これからは「使えん知識を授業ですんなー!」と思わず、この話を思い出して聴いてみて下さい(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋グッ!

こちらは参考にどうぞ。

多滑車