フード, 勉強

【マスクメロンの等級】

松竹梅

日本の等級の言うと、定番はこちら!

実は果物にも等級が有り、ランク付けされています。

マスクメロンは、「富士山白雪」。

高いお店で撮らせていただきました♪

「富士」は先ず滅多にでないそうです。毎日市場に有る訳では無く、事前予約も難しい位の最上級品!

「山」は高級フルーツ店に並ぶレベルのメロンだそう。「ネット」と呼ばれる網目模様が均等で美しく、実も綺麗な球状。

「白」は百貨店のフルーツコーナーなどに有るレベル。「雪」は基本パーラー用の様ですね。稀にお中元やお歳暮などの繁忙期や、自然災害でマスクメロンの数自体が減ると、どうしてもいつもは無い筈の等級が上がって来る様ですね。

因みに、マスクメロンとは「ムスク(麝香の様に芳香よい)メロン」の意で、風味が命です。

有名な種類に「クラウンメロン」や「メロックス(MELOX)」、「アロマ」が有ります。基本的にはクラウンメロンが上で、書いてある番号が製造業者の番号なんですが、低い程長くメロン作りに携わっている方だそうです。定員さんの中でも、好みの番号が有る様です。分かる人が、買う時にメロックスを出されたら、怒る場合も有る様です。

マスクメロンで有名な産地は、静岡県袋井市。マスクメロンの研究施設が有る程です!「一樹一果」と言う方法で、一本の木の栄養分を一つの果実に凝縮する方法です。これをする過程で剪定や、実を刺激して綺麗なネット作りを促進したりと手間暇を掛けています。