購入商品, 勉強

【三角スケール】

今回は、「三角スケール」について!

「サンスケ」とも呼ばれてますね。

一般的な三角スケールがこちら♪

色んな用途が有るとは思うんですが、私は「図面と実測をひとまとめにするツール」として使ってます。

使い方は、“定規”と同じ!

違うのはメモリが表す数字です。

分かり易いところで、「1/100(ひゃくいち)」を例にします。

例えば、実際の寸法が1mの物を1/100の図面に描く時。

1m=100cm

ですので

100cm÷100=1cm

の線を図面に引くと、1mに値する訳です。

1/50なら、2cm

1/200なら、50mm

の線に成ります。

写真は1/200。縮尺率(スケール内のメモリ)と図面の数値が一致してます。今後この図面内に線を引く時は、1/200で引く事に成ります。

ここまでなら暗算行けそうな気もしますが、実際は計算し難い数字が出る事もしばしば。通常の定規では面倒臭い“変換”を、この三角スケールがやってくれる訳です。後はメモリを理解して線を引くだけです。

“三角”スケールと言うだけあって、実際かさばる物です。現場作業だと持ち運び辛かったりしますが、そんな時はこちら♪折り畳み式で、かさばらず、長さもボールペンより少し長い位です。現場打ち合わせや、現調した際追加情報の記入に役立ちます!